未分類

発達障害の子供持つ人が利用する児童発達支援からのアドバイスでもあるABAの考え方

心理学の中には目に見えない心を理解することを目的に、色々な形で研究が発展しているようですが、その中には行動に着目することで相手の心を理解する行動分析といった考え方があるといいます。

子供は、家族だけでなく学校や習い事教室、そして療育期間の先生など色々な人々が関わって来るけれども、その中で最近成長したなどのような表現だけでなく十分な情報共有ができません。

授業の中で毎回3度以上手をあげているなどのような具体的な行動で表現を行えば成長の内容そのおのを共有することができるようになる、これは子供を褒めるときにも頑張ったねなどのように伝えるのではなく、毎回発言しようと挙手して頑張っているなどのように伝えることが伝わりやすい、これは子供もABA(応用K情動分析)とはどのようなものであるのか、発達障害を持つ自分たちが児童発達支援を利用した際にアドバイスを受けたことです。

ABAは名前などについては把握していたのですが、行動に着目する分析を子供の支援に活かす目的で利用する考え方であること、ABAでは子供の行動だけでなく行動のきっかけと結果に注目することが理解を深めるためのコツになるといいます。

行動には必ず何かしらのきっかけが存在しているわけですが、母親が料理をしている様子を目にする、洗濯が完了したことに気が付くなど子供が自発的に行動するときにも必ずきっかけは存在するものです。

これは、行動を継続するためには中氏らの良いことが起きるなどが必要ですが、良いことは人により異なるので何が行動の持続に影響しているのか観察することが重要といいます。
https://misato.famigliainc.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。